ブログ

コーディネートは3色に抑えるのが重要!3色以内がおしゃれに見える!

こんにちは、ファッションブロガーのけーすけです。

ここではコーディネートをする時に重要な2つのうちの、カラーについて説明したいと思います。

もう1つの重要なシルエットについてはコチラ。

シルエットを意識しないと服装がダサくなる?シルエットの重要性!こんにちは、ファッションブロガーのけーすけです。 洋服を着るときにシルエットは意識したことはありますか? 自分は服装を決める...

服を選ぶ時、つまり1日のコーディネートを決める時に、コーディネート全体の色の数を気にしたことはありますか?

何も気にせずにコーディネートを選ぶより、色の重要性を知ってコーディネートのした方が確実におしゃれに服を着こなせます。

それでは早速コーディネートの色について説明したいと思います。

コーディネートは3色以内に抑えるのが基本

コーディネートは3色以内に抑えるのがオシャレに見えるポイント

コーディネートは基本的に3色以内に抑えるのが、おしゃれに見える色の数だと言われています。

これは本当にその通りで、3色以上の色でコーディネートすると色に統一感がでないまとまりのないコーディネートになる可能性が高いです。

3色以内なので、2色でも1色でももちろんOKです。

ただし、2色や1色になってくるとのコーディネートの難易度が上がってくるので、まだファッションに自信が無いという方は2色か3色から始めてみるのがいいと思います。

3色のうち2色は決まっている!?

3色のうち2色は黒と白で決まり

コーディネートを3色以内に抑えると説明しましたが、実は3色うちの2色はもうほとんど決まっていると言ってもいいです。

その2色とは黒と白です。

黒と白はどんな色にでも合わせることが出きる万能な色なため、黒と白を基本にコーディネートをすると上手くまとめることができます。

  • 黒+白+赤
  • 黒+白+グレー
  • 黒+白+ブルー
  • 黒+白+ベージュ
  • 黒+白+パープル etc…

2色を黒と白にすることのメリット

黒と白を基本にコーディネートをすると、あとの1色はどんな色でも合わせることができるのがメリットではありますが、さらに他のメリットもあります。

黒と白はキレイめにとされている色にのため、黒と白のをコーディネートに入れることでキレイめなコーディネートに寄せやすいというメリットがあります。

コーディネートはキレイめに少し寄せる方がおしゃれに見えるので、2色を黒と白にすることで自然にキレイめに寄せられるのはメリットですね。

残りの1色はコーディネートに季節感も出せる

黒と白以外の1色については自由ですが、色をうまく使えばコーディネートに季節感を出すことができます。

季節によってその季節らしい色というのがあるので、黒+白+季節の色という感じで色を決めるとファッションが一段と楽しくなります。

例えば黒+白+グレーのコーデを夏にするのもいいですが、夏にこの配色だと少し暑苦しい印象になることもあります。

そういった時はグレーをブルーなど夏の季節色を服に取り入れることで、コーディネートに季節感を出すことができます。

ブルーは涼しい色という印象を相手に与える効果があるため、ブルーをコーデに取り入れることで夏らしさが出ます。

ブルーの服は難しいと思う方がいるかもしれませんが、デニムパンツもブルーなのでコーデに取り入れやすいです。

逆に秋や冬は赤やベージュを使用することが多くなり、ブルーの使用頻度はかなり低くなってくるのも季節色が関係しているからですね。

コーディネートは3色以内に抑えるまとめ

いかがでしたでしょうか。

コーディネートに使う色は3色以内がおしゃれに見えるというが分かったんじゃないでしょうか。

黒と白以外の残りの1色をうまく使う自身がない方は、残りの1色の使う面積を少なくしてみると難しくないと思います。

例えば靴下に入れてみたり、腕時計のストラップに色を使ってみると使いやすいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

シルエットを意識しないと服装がダサくなる?シルエットの重要性!こんにちは、ファッションブロガーのけーすけです。 洋服を着るときにシルエットは意識したことはありますか? 自分は服装を決める...
アイキャッチ
メンズファッションの差し色は何色を使えばいいのか?差し色は簡単!こんにちは、けーすけです。 差し色という言葉を一度は聞いたことがあると思います。 しかしイマイチ差し色の使い方が分からないと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です