アイテム

コートってどんな種類があるの?メンズコートを比較してみよう!

アイキャッチ画像

11月に突入していよいよ冬本番となってきましたね。

冬のアウターといえばコートですね!

まさにコートがこれからの時期に大活躍する時期になってきました。

寒くて嫌な季節ですけど、コートを着ることができるのってこの冬の期間しかないんですよね。

春や秋もコートは着れますが、室内に入ると暑くて脱いでしまったり、着たとしても薄手のコートになるので、そういった意味ではコートは冬にしか着れないんですよね。

そんなコートですが、たくさん種類があります。

逆に、「コートの種類がありすぎて何を選べばいいか分からない」とか、「今はどんなコートが流行っているのか知りたい」という方のために、ここではコート種類を紹介するとともに、おすすめのメンズコートを比較してみたいと思います!

これを見ればどんなコートがいいのか一目瞭然!といった感じでご紹介させていただきたいと思います。

 

 

冬にコートを選ぶ理由

コート画像1

どうして冬にコートを選ぶのかというと、コートを着ればオシャレ度がかなりアップするからです。

もちろん冬のアイテムなので、暖かさという理由が第一にあるとは思うのですが、コートは着るだけでオシャレ度が5割増します!

その理由はこの先を読んでいただければ、自然に分かっていただけるかと思います。

それでは、コートの種類を選ぶ前に知っておいていただきたいことがあるので、そちらを先にご紹介します。

コートを選ぶメリット

まず知っておいていただきたいのは、コートのメリットとデメリットです。

コートにおいて素晴らしい点は、このメリットとデメリットにあります。

なぜかというと、コートを着ることによるデメリットがほとんどないからです。

しっかりとコートを選ぶときの注意点を抑えておけば、コートを着ることのデメリットはほとんどゼロになるんです。

コートを選ぶときの注意点は次でご紹介しますので、まずはコートのメリットについてご紹介します。

 

メリット

暖かい

スタイルが良く見える

Vラインシルエットが簡単に作れる

キレイめのコーデが簡単にできる

女性からの好感度が高い

大人っぽい雰囲気が出る

このように、コートによるメリットはたくさんありますが、デメリットはメリットに比べてほとんどないんです。

もちろん今思いついたこの他にも、たくさんメリットがあると思います。

これこそが冬にコートを選ぶ一番のメリットだと思っています。

コートを選ぶときの注意点

コートにはデメリットがほとんど無いということを説明しましたが、先ほど少し触れましたとおり、コートを選ぶ先の注意点を抑えておけばという話の前提です。

それではその注意点というの何なのかをご紹介したいと思います。

 

丈の長いロングコートを選ぼう

コートを選ぶ際は丈が長いロングコートを選ぶようにましょう。

ロングコートを選ぶ理由は、スタイルをよく見せるためです。

丈が長いといっても、あまり長すぎてしまってもダメです。

長くても膝くらいまでの長さのコートを選ぶようにしましょう!その理由は後ほど説明します。

短い丈のコートでも、上半身の体型は隠れるのですが、丈が長いコートだと足まで隠れるので、足が長く見える効果や足の太さもカバーすることができます。

それにロングコートだと、縦長のシルエットになるので背が高く見える効果も期待できます。

 

コートに着られるな!

丈が長いコートでも膝くらいの長さがいい理由はコートに着られないためです。

あまりに長すぎて、足首まであるコートもありますが、自分の身の丈に合わない物を選ぶとその服に着られることになります。

コートに限ったことでは無く、服に着られるというのは洋服全般に言えることです。

コート選びではサイズを間違わない事が最も重要になります。

もちろんコートの丈が長くて足首くらいあるコートでもオシャレに着こなす人もいます。

ですが、長くても膝くらいの長さのコートが一番使い易く、コーデにも合わせやすいのでオススメです。

 

無地の暗い色のコートを選ぼう

コート選びの注意点の最後が色です。

コートを選ぶ際は無地の暗い色のコートを選ぶようにしましょう。

冬のコートでそれほど明るい色は無いと思いますが、黒、グレー、ネイビー主にこの3色を中心に考えてください。

特に最初に買うとするなら断然黒のコートがオススメです。

キャメルも使いやすいですが、どちらかというと秋のイメージが強いため、冬に着ると少し浮くので注意しましょう。

 

コートを選ぶときの注意点まとめ

丈の長いロングコートを選ぶ

コートに着られ無いよう丈長くても膝までのを選ぶ

コートの色は暗い色を選ぶ

 


スポンサーリンク

コートを購入する時期

コート画像2

続いてはコートを購入する時期について説明したいと思います。

意外と見落としがちななのが、コートを購入する時期です。

購入する時期を間違えると、売れ残っているコートからしか選ぶことができない恐ろしいことになるので気をつけましょう!

 

コートは10月上旬から11月上旬で購入しよう

コートを購入する時期はいつがいいと思いますか?

寒くなり「そろそろコートを買いに行こうな」って思っていたらそれはもう遅いです!

コートは10月上旬から11月上旬にかけて選ぶのがベストです。

冬物の服は9月頃から出てはきますが、冬物が揃ってくるのが10月になってからです。

9月ですと少し時期的に早く、選ぶコートの種類もまだ揃っていないので10月から11月に購入するのがコートの種類も多くあります。

11月上旬になってくると寒くなり、誰もがコートを購入したい時期にるため欲しいサイズが無くなる恐れがあります。

そして12月、1月を過ぎると春物の服が出てきますので、コートを買うなら10月から11月にかけて購入しましょう。

 

セールまで待つな!

12月や1月になると、何末年始のセールや初売りといったイベントがあると思います。

しかし、先ほども説明したよう12月や1月はもう欲しいサイズは無いと思ってください。

また、格好いいコートは10月や11月の購入されてしまっているので、売れ残ったコートしかセールには並びません。

セールで安くなるのは非常に魅力的ですが、自分に合うコートを選ぶことができなければ全く意味がないです。

セールは自分が持っている服の中で、足りないものや、掘り出し物があればラッキーくらいの感覚で買うようにしましょう。

コートのように最重要アイテムはセール買うのではなく、買うには少し早いんじゃないかという時期に買わなければ遅いです!

コートを着ればモテる?

はっきり言ってコートはモテるアウターです。

冬物のアウターの中では圧倒的にモテると自分は思っています。

理由はメリットのところで説明したことと同じなのですが、もう少し深くモテる理由を掘り下げていきましょう。

 

女子からの好感度が高い

コートは女性からの好感度が、他のアウターに比べて圧倒的に高いです。

冬のアウターですと、「MA-1」、「ブルゾン」、「ライダース」、「コーチジャケット」などありますが、コートに比べてどれもカジュアルなアウターです。

そのためコートは清潔感があるように見えるため、好感度が他のアウターに比べて高いです。

スタイルが良く見える

先ほど挙げたアウターはどれもショート丈のアウターになり、丈の長いアウターはありません。

それに比べて、コートは丈が長い物がたくさんあります。

そのためスタイルがよく見えるので女性から印象も良くなります。

先ほど説明した清潔感に加え、スタイルが良く見える要素がプラスされるので、コートはモテるに繋がってきます。

 

自然とキレイめコーデにできる

コート自体がキレイめのアイテムになります。

コートを着れば、コーデの大半の割合がコートで占められます。

そうすると自然にコーデがキレイめ寄りになるんです。

さらにスキニーパンツと合わせると、それだけで簡単にVラインシルエットが完成します。

Vラインシルエットは、モテシルエットと呼ばれるくらい女性からの好感度が高いのです。

 

コートがモテる理由まとめ

他のアウターより清潔感があり女性の好感度が高い

丈の長いコートでスタイルが良く見える

キレイめコーデに寄せることができる

簡単にVラインシルエットを作れる

 

メンズコートの種類と特徴

ここまでコートのメリットや購入の注意点を説明してきましたが、コートにはどんな種類があってどういった特徴があるのか説明したいと思います。

ダッフルコート

ダッフルコート1

ダッフルコートは、トグルと呼ばれるボタンが特徴的で、手袋をしたままでもボタンを容易に開け閉めできるのが大変便利です。

ダッフルコートのもう一つの魅力なのがフードです。

フードがあれば雪や雨も防げますし、寒さも対策できます。

トグルやフードから、かわいい印象を与えてくれるコートです。

デメリットとしては、かわいいコートなので幼い印象も与えてしまうことです。

 

モッズコート

モッズコート1

モッズコートというとカーキのイメージがありますが、今では色の展開も幅広く出ています。

カジュアルでスタイリッシュというところがモッズコートの特徴です。

裾の後ろが燕尾状に先割れしており、絞り紐が付いているのも特徴的です。

フードが付いていることから、ダッフルコート同様に雪や雨風も防いでくれます。

キレイめのコーデには合わせにくいですが、カジュアルなコーデでコートを取り入れたいときにはこれ以上ないほど丁度いいコートです。

 

ピーコート

ピーコート1

コートといえばピーコートをイメージされる方も多いのではないのでしょうか。

イギリス海軍が軍服として使用していたことから、ボタンには碇のマークが入っています。

メインはショート丈のコートになるので、どんなジャンルのコーデにも合わせやすいのが特徴です。

インナーに差し色となるパーカーを着ると、凄くコーデが楽しくなります。

デメリットを挙げるとすると、丈の長いロングコートの種類が少ないことです。

ロングコートが欲しい場合は、どうしてもピーコートは選定から外れてしまうことが多いです。

 

ステンカラーコート

ステンカラーコート1

後ろの襟が高く、前に低く折り返す形が特徴的です。

ステンカラーコートのステンとは、「支える」という意味があるようで、特徴的な襟からその名の由来がきてるそうです。

第一ボタンが隠ボタンになっており、閉めて着なくてもオシャレに着こなすことができます。

ロング丈の物も数多く出ており、たくさんの種類から選ぶことができると思います。

長さは膝上位の高さがオススメです。

冬用のコートは生地が厚手の物を選ぶのがいいと思いますが、薄手のステンカラーコートも一つ持っていれば、春や秋にも使うことができます。

 

トレンチコート

トレンチコート1

トレンチコートはキレイめの定番コートです。

以前はスーツを着ているサラリーマンの方が着ているイメージが強かったですが、今では若干カジュアルにしたモデルも出ており、私服に合わせ着るにも全く違和感がありません。

肩や手首部分などにストラップと呼ばれる帯が付いていますが、トレンチコートは元々軍服で使用されていたことから、そのようなデザインになってるようです。

このストラップと呼ばれる帯も、今は付いていないトレンチコートも出ていますので、よりシンプルなデザインになり使いやすくなってきています。

 

チェスターコート

チェスターコート1

最後にご紹介するコートがチェスターコートです。

ここ数年で一気に人気が出てきたのが、このチェスターコートです。

上のボタン数カ所が見えないような作りが特徴で、全てボタンを閉じても首から胸元までは開く仕組みになっています。

そのため、チェスターコートえを着ている方の大半は、ボタンを閉めずに開けてコーデしている方が多いですね。

デザインがシンプルで丈が長いのも特徴なので、チェスターコートを着ればキレイめのコーデがしやすくなります。


スポンサーリンク

20172018メンズコートおすすめ度比較

コートにどんな種類があるかが先ほどの説明で分かっていただけたかと思います。

では、どのコートを買えばいいのかという事が問題になってくると思います。

最後にご紹介するのは、どのコートを買うべきかという事をご説明します。

ファッションはその時々で流行りというものがあり、それはコートも同じです。

今シーズンの2017年から2018年にかけて、先ほど説明したコートの中で何が一番オススメなのかを教えます!

 

ダッフルコート

ダッフルコート2

オススメ度:★★☆☆☆

今シーズンもの凄くトレンドになっている訳ではないですが、毎年安定して人気のあるコートです。

しかし、キレイめのコーデを考えた時に、ダッフルコートはカジュアルの要素が強いコートのため、せっかくコートを考えた時にキレイめのコーデができないのは非常に勿体ないです。

そのため、すでにキレイめのコートを持っていて、2着目や3着目のコートとして選ぶのであればいいですが、そうでなければ他のコートを選ぶ方がいいと思います。

 

モッズコート

モッズコート2

オススメ度:★☆☆☆☆

モッズコートは3〜4年前ほどにトレンドになっていたコートです。

ここ最近ではトレンドからは外れており、着ている人も少なくなってきました。

ロングコートですが、カジュアルなコートのためキレイめのコーデに向いていないことから、今シーズン購入するのであれば違うコートを選ぶ方がいいと思います。

 

ピーコート

ピーコート2

オススメ度:★★☆☆☆

ピーコートは有能ですが、特徴の所でも説明した通りいショート丈のコートになります。

ロングコートもありますが、種類が少なく選ぶ事も難しいです。

今シーズンは圧倒的にロングコートがトレンドであるため、ピーコートでコーデするのは少し難しいです。

ただし、ピーコートのロングコートを見つける事ができれば話は別です。

ピーコートはコーデに合わせやすい作りのため、いいロング丈のピーコートを見つける事ができれば一気にトレンド感がアップします。

 

ステンカラーコート

ステンカラーコート

オススメ度:★★★★★

今シーズン間違いなく一番オシャレなコートの一つはステンカラーコートです。

コート全体のサイズ感からデザインのシンプル度から言っても、最強のコートです。

違う色で2着買うことも全然アリです。

スタイルも良く見え、Vラインシルエットも簡単に作る事ができる、まさに今トレンドのコートです。

 

トレンチコート

トレンチコート2

オススメ度:★★★☆☆

トレンチコートはキレイめのコーデには凄く向いているコートです。

ですが、ステンカラーコートに比べると、少しデザインが賑やかだったり、サラリーマンの方が着ているというイメージを払拭できていません。

さらにキレイめ過ぎるという点でも少し使いにくいです。

例えば、スキニーパンツに革靴をトレンチコートに合わせるとキレイめに偏りすぎて、キメ過ぎ感がでてしまいます。

その点ステンカラーコートだと、トレンチコートよりはカジュアルな要素もあるため、スキニーパンツと革靴を合わせてもキメ過ぎ感は出ないのです。

 

チェスターコート

チェスターコート2

オススメ度:★★★★★

チェスターコートもここ最近トレンドになっており、今シーズンもまだまだトレンドのコートです。

シルエットのキレイさから、羽織るだけでオシャレに見えます。

さらに今シーズンはオーバーサイズが流行っているので、オーバーサイズのチェスターコートを選ぶもありです。

オーバーサイズに手を出しにくという方は、ドロップショルダーといって方の位置が通常よりも落ちているコートを探しているのもいいと思います。

 

2017ー2018シーズンに購入すべきコート

ステンカラーコートかチェスターコートを選ぼう

色は暗めのコートを選ぶ

今年らしくオーバーサイズのコートを選ぶのもあり!

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ここまでコートについて長く説明させていただきました。

コートは寒この時期に大活躍するアイテムで、オシャレの手助けもしてくれます。

それぞれコートの特徴も抑えて、コートを買う時の注意点を忘れず、自分に合うコートを探してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です