アイテム

夏に履く靴下フットカバーとは?夏のメンズコーデに絶対必要な靴下!

フットカバー

こんにちは、けーすけです。

皆さんは夏にどんな靴下を履いていますか?

通常使う靴下といえばこういった感じの靴下を使っている人が多いと思います。

長い靴下

気温が暑くなってきたらちょっと短いこういった靴下に切り替える人も多いと思います。

少し長い靴下

こういった靴下はもちろん必要ですが『フットカバー』と呼ばれる靴下が本当に重宝します。

今回はそんなフットカバーについて紹介とオススメのフットカバーを紹介したいと思います。

フットカバーとは?

そもそもフットカバーってどんな靴下?

フットカバーを知らない人も多いと思います。

フットカバーとは下の写真のように靴下を履いた時に踝(くるぶし)よりも下になる靴下です。

フットカバーを履くと

見慣れない人にとっては靴下としては物足りない感じがしますよね。笑

でもフットカバーは夏のコーディネートをした時にすごく役立つんです。

どんな時に役立つかというと、足首を出したい時に役立つんです。

フットカバーを使って靴を履くとどうなるの?

さっきも言いましたがフットカバーは足首を出したい時に役立つ靴下です。

夏なんかは足首を出すことで季節感をスゴく出すことができます。

例えばよくあるスニーカーソックスと言われるのが下の写真になります。

スニーカーソックス

スニーカーソックスも通常の靴下に比べて短くて一見良さそうに思いますが、靴を履いた時に靴下が見えてしまってちょっとダサくなってしまうんですね。

ちょっと靴下が見えるくらいならオシャレな靴下を思いっきり見せるか、フットカバーを履いて全く見えないようにするのがいいです。

フットカバーを使ったコーディネートってどんなの?

それではフットカバーを履いて靴を履くとどんな感じになるのか見ていきたいと思います。

フットカバーとスニーカー

スニーカーとフットカバー

こちらはリーボックのポンプフィーリーを履いてみました。

靴下を履いていないように見えますよね。

モノトーンのコーデでもフトッカバーを履くことでコーデ全体が重たくなりすぎないので、夏でもこういったモノトーンコーデができます。

フットカバーと革靴

革靴とフットカバー

フットカバーはスニーカーだけじゃなく革靴にも履くことができます。

フットカバーで足首を出すことによって革靴でも涼しげな印象を出すことができます。

気温が暖かくなると薄着になっていくので革靴を履くことでコーデがグッと締まるんですね。

そんな時にフットカバーがスゴく役立ちます。

おすすめのフットカバーの色とお店は?

それではどんなフットカバーの色がいいのか。

そしてフットカバーはどこで買うのがいいのか。

その2つをご紹介していきたいと思います。

おすすめのフットカバーの色

たくさん色のある中で何色を選べばいいのか自分の中でおすすめの色を3色ご紹介します。

基本的にフットカバーは見えないので何色でもいいんですが、ふとした時にチラッと見えることもあるので色にも気を使いましょう。

まず一番おすすめなのはブラックです。

ブラックのフットカバー

まずブラックを持っていれば間違いないです。

どんな靴にもとりあえずブラックを履いておけば合わないことはないと思って大丈夫です。

次におすすめしたいのはネイビーです。

ネイビーのフットカバー

ブラックとあまり見た目は変わりありませんがネイビーの方が若干カジュアルな要素があります。

夏に履くにはブラックよりもネイビーが良いと言う人もいますね。

もし靴を脱ぐ場面があった時もネイビーの方が爽やかさはあります。

最後におすすめしたいのがグレーです。

グレーのフットカバー

ブラックとネイビーと違って明るい色なのが特徴ですね。

正直ブラックやネイビーよりも使う場面は少ないですが、全体のコーデの色によってグレーにするといった使い方になると思います。

フットカバーを買うならタビオ

フットカバーを買うならココ!というおすすめのお店があります。

それがタビオの靴下です。

自分も今使っているんですがかなり良いです。

ユニクロやGUのフットカバーも使いましたが、さすが靴下専門店だけあってタビオの靴下を履いたらもう後戻りできませんでした。笑

タビオの靴下はかかとの部分が高くなっているので靴を履いていても脱げにくい構造になっているんですね。

タビオの公式サイトはこちら。

タビオ公式サイト

 

Tabio
知らなきゃ損!メンズの靴下はタビオの公式サイトから買うのがお得!タビオで靴下を買ったことがあるでしょうか。 買ったことがないという方も、タビオは全国に展開するソックスメーカーなので、一度はお店自体を...

フットカバーのまとめ

いかがでしたでしょうか。

フットカバーを持っていない人はぜひ1足でも持っていたら季節感を出すことができます。

靴下なので値段も何百円とかの世界なので1000円あればお釣りがきますからね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です