ブログ

革靴の手入方法を覚えよう|革靴の正しい手入の方法を解説!

靴の手入れ方法

革靴を履いていると気になるのが、汚れや光沢が落ちていくことじゃないでしょうか。

それに革靴は手入れをして油分を与えてあげないと、穴が開きやすくなったりすぐにダメになってしまいます。

でも革靴の手入れって面倒だと思ってなかなか手をつけにくいですよね。

それでもやっぱり手入れをするのとしないのとではかなり違います。

見た目ももちろんですが、靴に対する愛着も沸き靴を大事に長く履くようになります。

面倒ですけど絶対に手入れすることで得られるメリットは大きいのでやるようにしましょう。

革靴の手入れの方法は?

革靴を愛用している方でも革靴の手入れをしない方がいます。

なんで革靴の手入れをしないのかという理由で多いのが、革靴の手入れ方法や工程が分からないというのが多いです。

確かに手入れの方法や工程が分からなければ手のつけようがないですもんね。笑

手入れの方法さえ知っていれば、靴の手入れも面倒にならず時間のある時にやってしまおうという気になります。

靴磨きの工程は知ってしまえば本当にシンプルです。

靴の汚れを落としてから、靴磨き用のクリームで磨くだけです。

靴の手入れは2つの工程だけでOKなんです。

革靴を光沢ある感じに仕上げたいのか、マットな感じに仕上げたいのかで使うクリームが違ってきますがやることは変わりません。

革靴の手入れのやり方

それでは手入れのやり方を説明していくのですが、今回手入れに使用する道具を紹介します。

今回使用する道具はこちらです!

靴を手入れする道具

手入に使用する道具

縦長の白いのが靴の汚れ落としです。

水性なので靴へのダメージも少なく普段の手入れにはいつも使用しています。

そして手前の「SAPHIR」と書かれているのが靴を磨くためのクリームです。

このクリームで靴へ油分を与えてツヤを出していきます。

その隣にあるのがクリームを塗るペネトレィトブラシです。

そして一番奥のブラシが馬毛ブラシ、その手前にあるのが豚毛ブラシとなります。

面倒だしお金もかかりますが、一度購入すれば長い間使うことができるので、最初に揃えてしまった方が良いです。

靴を手入れしていく

ビルケンシュトックギルフォード

今回手入れするのはビルケンシュトックのギルフォードです。

購入してから1ヶ月で8〜10回ほど履いたので手入れしていきたいと思います。

今はこんな状態です。

靴を履いてから1ヶ月

靴の油分が抜けて乾いてきているのが分かりますか?

購入した時に履く前の手入れをしてからは、まだ一度も手入れしていなく、油分のあるクリームを塗るのは初めてです。

この靴がどんな風にツヤが出るのかが楽しみです。

買ったばかりの靴の手入れの仕方はコチラをどうぞ→新しい革靴を履く前にする手入れ方法

靴の汚れを落とす

それではまずは靴の汚れを落とします。

靴の汚れを落とす時は靴紐を外しましょう。

靴紐がしていると、靴紐の下の部分の靴のタンにたまっているゴミが取れません。

靴紐を取ったらシューツリーを入れます。

ない場合は新聞紙を丸めた物でも良いです。

靴の履きジワを伸ばして靴のクリームを塗りやすくします。

シューレースを外す

次に馬毛ブラシで靴全体のゴミやホコリを取ってあげます。

優しく丁寧にブラシで取ってあげます。

馬毛ブラシでブラッシング

馬毛ブラシでゴミやホコリを取り除いたら、布に汚れ落としを少量つけて全体に満べんな拭いていきます。

この時力強くこすらないように気をつけてください。

靴の痛む原因となってしまいますので、優しく靴を拭くようにしていきます。

ステインリムーバー

余分な汚れや油分が取れました。

写真の右の靴が使用した後で、左が使用する前です。

右側の方が油分も取れたので、よりマットな感じになって靴がスッピンになったのが分かると思います。

ステインリムーバー使用語

靴にクリームを塗る

靴クリームを塗る

次に靴クリームを塗っていきます。

クリームはペネトレィトブラシを使って塗っていきます。

米粒2〜3粒くらいの量をブラシにつけて、靴全体に満べんなくマッサージするように塗っていきます。

クリームを塗った後

右の靴がクリームを塗った後の状態です。

クリームを塗っただけの段階ではまだツヤは出ていません。

豚毛ブラシでブラッシング

次に豚毛ブラシを使って余分なクリームを落としつつ、靴にツヤを出していきます。

豚毛ブラシで靴全体をマッサージする感覚でクリームを馴染ませていきます。

豚毛ブラシでブラッシング後

右の靴が豚毛ブラシをかけた後です。

左の靴と比べてツヤが出たのが分かると思います。

磨き上げていく

ここからさらに布を使って磨きあげていきます。

布は使わなくなったTシャツを切ったものを使用しても大丈夫です。

布で靴全体を磨いていきます。

磨き上げた後の前を比較

磨き上げたのが右側の靴です。

左側の靴はクリームを塗っただけの靴です。

見比べてみると右側の靴の方がツヤが出ているのが分かると思います。

磨く前との比較

反対側の靴も磨き上げて靴紐を戻したら完成です。

手入れ完成

いかがでしょうか。

最初と比べるとツヤが出て靴が輝いているように見えると思います。

きっと靴も喜んでいることでしょう。

手入前のギルフォード手入後のギルフォード

手入れする前と、手入れした後を並べて見比べるとより違いが分かると思います。

靴磨きのまとめ

いかがでしたでしょうか。

手入れをすることで靴も綺麗になりますし、靴に愛着も出てくると思います。

オシャレは足元からという言葉も昔からあるので、ぜひこの機会に靴の手入れを始めてみてはいかがでしょうか。

今回使用した道具はAmazonと楽天でも購入できるので下にリンクを貼っておきます。

手入の道具を揃える時に役立ててください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ビルケンシュトックギルフォード
ビルケンシュトックのギルフォードが物凄く良い!本当におすすめ!こんにちは、ファッションブロガーのけーすけです。 今日は自分が最近気に入ってよく履いている革靴を紹介したいと思います。 革靴...
デリケートクリームアイキャッチ画像
新品の革靴を履く前にする手入れ|新しく購入した革靴の手入れ方法!こんにちは、ファッションブロガーのけーすけです。 新しい革靴を購入した時に何も手入れせずに靴を履いていませんか? 革靴は手入...
created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥1,166
(2019/09/20 10:51:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥420
(2019/09/20 12:22:43時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY[エムモゥブレィ]
¥1,080
(2019/09/20 12:22:42時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
SAPHIR(サフィール)
¥972
(2019/09/19 13:22:28時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です