ブログ

メンズファッションの差し色は何色を使えばいいのか?差し色は簡単!

アイキャッチ

こんにちは、けーすけです。

差し色という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

しかしイマイチ差し色の使い方が分からないという方や、差し色は何色を使えばいいのかという方。

そもそも差し色って何色?という方も万が一にいるかもしれません。

そんな差し色について、詳しく説明したいと思います。

 

 

差し色とは

差し色とは、ベースカラーと言われるコーディネートの7割を占める色と、メインカラーと言われるコーディネートの2割を占める色に、アクセントとなる色を1割入れることが差し色になります。

この差し色を入れることによって、コーディネートに遊び心や、オシャレ感が上がります。

例えば、上下黒で統一したコーディネートに白の靴を入れたり、上下黒で靴も黒色を履いた時に、赤い靴下を履いて靴下を見せるようなコーディネートをしたりと、どこか目を引く場所をコーディネートに入れてあげるのが差し色です。

 

 

差し色の仕組み

カラー相関図

上の図は色の相関図になります。

各色は近い色は隣り同士、そこから離れて真逆の180度にいくと最も正反対の色というわけです。

正反対の色になればなるほど、差し色としてのインパクトが強くなります。

黒、白、グレーがこの中にはありませんが、図の中の真ん中にあると考えてください。

黒、白、グレーの3色は基本的に、上の図のどの色を入れても差し色としての役割をしてくれます。

 

差し色を入れる場所

それでは差し色をコーディネートの、どこ部分に入れればいいのかご紹介します。

ここで紹介するのは一例ですので、他にも差し色に使えるアイテムはありので覚えておきましょう

シューズ

靴は差し色を入れるのに凄く適した場所です。

足元に差し色を入れることによって、目線が足元に向かうので足長効果があります。

 

靴下

ソックス

靴下は差し色を入れるのに最も適したアイテムです。

靴と同様に足元にポイントを持ってくることで、足長効果が期待できます。

それに靴よりも見える面積が狭いので、差し色として取り入れやすいです。

 

ベルト

ベルト

ベルトに差し色を入れれば、レイヤードとしても使えるため一石二鳥です。

またトレンドなアイテムなので、取り入れれば一気にトレンド感を出したコーディネートができます。

 

帽子

帽子

帽子には主に、キャップとニット帽がありこの2つで差し色をいれる方が多いです。

帽子を被らないという方でも、黒のリュックに写真のような黄色のキャップを取り付けて差し色にするということもできます。

 

バッグ

バッグ

バッグでも差し色として使うことができます。

なかなか赤や青といったバッグを持っている方は少ないと思いますが、白のトートバッグなんかは黒やネイビーのコーディネートに取り入れやすいと思います。

 

 マフラー(ストール)

マフラー

寒い季節になると、マフラーやストールで差し色を使う方法もあります。

また、外出先でも不要になれば取り外すことができるのでとても便利なアイテムです。

 

アクセサリー

アクセサリー

アクセサリーで差し色を入れてあげるのもいいです。

差し色にオススメなのはネックレスです。

例えば、指輪やブレスレットは面積が狭すぎるので、差し色としての役割が果たせません。

そのため、写真のようなカラーのネックレスを差し色に使うのがオススメです。

 



スポンサーリンク

 

差し色を入れたコーディネートを紹介

それでは、差し色を使用したコーディネートを幾つかご紹介したいと思います。

こちらのコーディネートを、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラー(差し色)も一緒に説明していきます。

 

コーディネート①

コーディネート⑥

靴下に差し色を取り入れたコーディネートです。

ベースカラー:ブラック(70%)

メインカラー:ホワイト(25%)

アクセントカラー:グリーン(5%)

 

コーディネート②

コーディネート②

靴に差し色を取り入れたコーディネートです。

ベースカラー:ブラック(55%)

メインカラー:グレー(35%)

アクセントカラー:ブルー(10%)

 

コーディネート③

コーディネート④

ベルトに差し色と取り入れたコーディネートです。

ベースカラー:ネイビー(65%)

メインカラー:ホワイト(30%)

アクセントカラー:オレンジ(5%)

 

コーディネート④

コーディネート⑦

ネックレスで差し色を取り入れたコーディネートです。

ベースカラー:ブラック(60%)

メインカラー1:ホワイト(25%)

メインカラー2:グレー(10%)

アクセントカラー:ターコイズ(5%)

 

コーディネート⑤

コーディネート①

マフラーで差し色を取り入れたコーディネートです。

ベースカラー:ブラック(65%)

メインカラー:ホワイト(20%)

アクセントカラー:ダークチェリー(15%)

 

差し色のまとめ

差し色についていかがでしたでしょうか。

うまく使うことができれば、コーディネートに遊び感がでてオシャレな感じがでてきますが、少し使い方が難しいと思った方は、無理に差し色を使う必要はありません。

まずはこういった色の使い方があるんだということを覚えて、コーディネートを考えてしていくうちに、取り入れてみるといいです。

差し色を取り入れて、毎日のコーディネートを少しでも楽しくなるといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です