アイテム

この秋手に入れたい5つのアウター

アイキャッチ画像

秋はオシャレをするのが楽しくなる季節ですね。

春や夏は軽装になるため、どうしても身につけるアイテムが少なくなる季節ですよね。

しかし秋にから冬にかけては、いろいろなアイテムを楽しむことができます!

この季節になると、やっぱり欲しくなるのはアウターではないでしょうか。

寒くなる季節に、外出するときには欠かせないアイテムの一つです。

アウターというアイテムは、コーデの印象をガラッと変える力があり、その存在感は計り知れないです。

そんなことで、この秋にどんなアウターを購入するべきなのか、ご紹介したいと思います。

2017年も素晴らしいアウターが揃ってます!

 

 

コーチジャケット

コーチジャケット

まずオススメしたいのが、コーチジャケット。

コーチジャケットは、今年一番のトレンドのアウターと言っても間違いないでしょう。

どんなアウター?という方に少し説明しますと、コーチジャケットはナイロン素材のジャケットでブルゾンの仲間です。

写真を見ていただけると、雰囲気がなんとなくですが伝わるかと思います。

アメカジファッションで使用されることが多かったのですが、最近はジャンル問わず愛されているアイテムです。

そういった経緯もあり、カジュアル要素の部分が大きいコーチジャケットですが、色や他のアイテムをキレイめな物を選べば、キレイめのコーデにすることもできます。

 

コーチジャケットのメリット

コーチジャケットのメリットは、着やすさにあります。

どこかに外出しようとしても、サラっと羽織れて気軽に出かけることができます。

また、アイテム自体が軽量でコンパクトに折りたためるため、必要ない時は脱いでバッグにしまうことも可能です。

そしてトレンドのアイテムなだけに、着ているだけでオシャレ度がアップします。

ナイロン素材なので、雨にも強いところがいいですね。

 

コーチジャケットのデメリット

コーチジャケットのデメリットは、軽量であるがための防寒の弱さです。

気温が低い時に着るのはオススメしません。

気温が低い時に長時間外で活動する場合には十分気をつけましょう。

 

どんなコーチジャケットがいいのか

購入するなら黒がオススメです。

カジュアルな要素を持っているアイテムのため、キレイめな要素を持っている黒色で購入するのがいいです。

また、柄や文字も極力入っていない物を選びましょう。

自分のジャストサイズを購入するのもいいですが、ワンサイズ上の物を選んでオーバーサイズで着るのもオススメです。

 

 

 MA–1

MA-1

アウターのならまずMA–1を買うという方も多いんじゃないでしょうか。

トレンドに流されず、どんな時代にも愛され続けている定番アイテムです。

持っていない方は、MA–1を今年買うのは全然ありです。

コーチジャケットだと、来年以降も流行っている保証はないですが、MA–1だと流行りが落ち込むこともないので、持っていればボロボロになるまでずっと使い続けることができます。

 

MA–1のメリット

MA–1もコーチジャケット同様に、すごく気軽に着ることのできるアウターです。

そしてどんな服に合わせてもオシャレに見えるのが最高です。

女子からの支持も高いため、デートにもピッタリです。

アウターの中では一番バランスが取れたアイテムと言えるでしょう。

 

MA–1のデメリット

持っている人、着ている人が多いです。

人と同じのが嫌だという人には、ちょっと向いていないアイテムです。

一番バランスのいいアウターですが、悪く言うのなら、可もなく不可もなくといった感じです。

 

どんなMA–1がいいのか

MA–1の定番色と言えば、カーキになります。

カーキもコーデに取り込みやすい色ですので、他にもアウターを持っている方はカーキを購入してもいいと思います。

着回すやすいのは黒色です。

オシャレに着れるアウターも持っていなく、金銭的にも一つしか購入できない方であれば、着まわしのきく黒がオススメです。

 

 

デニムジャケット

デニムジャケット

次に紹介したいのがデニムジャケットです。

デニムジャケットもここ数年で着ている方も多く見られます。

デニム生地のアウターなので、男らしいイメージがあり、格好よく見せるには最高のアイテムです。

着方によって、キレイめにもカジュアルにもできるアウターだと思います。

 

デニムジャケットのメリット

まず特徴的なのは生地です。

デニム生地なので、丈夫で動きやすい。

丈夫な生地のため長く愛用することができ、長く着ることにより愛着も出てきます。

ダメージ感や、色落ちなど自分だけの物になっていく感じはなんとも言えない幸せが味わえます。

また、上手に着こなすことができれば凄くオシャレに見えるアイテムになります。

 

デニムジャケットのデメリット

デニム生地ということあって、重量はそれなりにあります。

生地も厚いため、室内での長時間の活動にはあまり向かないアイテムだと思います。

また、デニムはどこか清潔感に欠けるため、キレイめに寄せるには他に身につけるアイテムを全力でキレイめにしてあげる必要があります。

 

どんなデニムジャケットがいいのか

デニム生地なので、色はブルー系がいいと思います。

黒のデニムジャケットもありますが、せっかくのデニム生地なのでブルー系で楽しみましょう。

寒くなる時期に着るのであれば、ネイビーや濃いめのブルーの暗めの色を選ぶといいと思います。

デニムジャケットはオーバーサイズで着てしまうと、カジュアルな要素が強く出すぎるためジャストサイズをオススメします。

 

 

ステンカラーコート

ステンカラーコート

ステンカラーコートは、キレイめのコーデをしたい方には強くオススメします。

このアウターでは、Aラインシルエットをやりましょう。

スタイルがよく見えますし、大人っぽい印象も与えることができます。

写真のようにモックネックや、タートルネックとの相性も抜群です。

 

ステンカラーコートのメリット

このアウターだけで、キレイめなコーデに寄せられるのと、清潔感を出すことができます。

キレイめならトレンチコートもいいのですが、かしこまり過ぎる印象を与えてしまうため、ステンカラーコートの方がバランスがいいでしょう。

色の展開も豊富なため、選ぶ楽しさや、持っていいないアウターの色を選択することができます。

 

ステンカラーコートのデメリット

あまりキレイに寄せ過ぎると、サラリーマンぽくなってしまうので注意しましょう。

色もあまり派手な色を選択すると、個性はでますが万人受けはしないので色選びは慎重に行ってください。

 

どんなステンカラーコートがいいのか

色は黒、ネイビー、キャメルの3色をオススメします。

キャメルは他のアウターでも出ていますが、コートにした時のキャメルの格好良さは最高です。

ジャストサイズもいいですが、インナーをオーバーサイズで着たい方は、ワンサイズ上の物を購入してもいいです。

 

 

ライダース

ライダース

最後に紹介するのはライダースです。

これは最高のアウターと言っていいでしょう。

自分の話になりますが、革製品が大好きなのでライダースがめっちゃ好きなんです。

ライダースは、バイクを乗っている人や、ロックバンドのイメージがあると思います。

今ではそういった人でなくても、たくさんの人が着ている身近なアイテムになったと感じます。

 

ライダースのメリット

ライダースの最大の魅力は生地にです。

革で造られているため、丈夫で長く愛用でき、着ていくうちに自分の体に馴染んで柔らかくなってきます。

最初は硬くて着にくいですが、自分の体に馴染んでくる感じがたまらないです。

それと、純粋に格好いいアイテムです。

ワイルドで男らしい印象があるアイテムなので、このアイテムをキレイめのコーデに取り入れることができれば、最高に格好いいです。

 

ライダースのデメリット

革製品のため、若干の手入れが必要になります。

クリームを塗ったりと、手入れ自体はそんなに難しくはありませんが、あまりマメじゃない人には少し向いていないです。

これも革製品の特徴で、いいライダースはやっぱり高いです。

それと素材には気をつけて下さい。

革製品には、合皮というのがあります。

合皮は人の手が加えられた素材も入っているため、手入れも必要なく値段も安いですが、物はそれだけ悪くなります。

安いからという理由で、素材を見ずに購入すると合皮だったということには気を付けてください。

 

どんなライダースがいいのか

ライダースには、シングルとダブルの2種類があります。

写真のはシングルで、ダブルはもっと装飾がついて派手なイメージです。

最初に購入するのなら、シングルがオススメです。

コーデに合わせやすく、キレイめにも寄せやすいです。

色も黒が圧倒的にオススメです。

 

 

おわりに

5つのアウターいかがだったでしょうか。

今回ご紹介させて頂いたアウターの他にも、たくさんの種類のアウターがあります。

その中でも、2017年9月現在では今回ご紹介したアウターをオススメしています。

自分のお気に入りのアウターをぜひ探してみてください。

ご紹介したアウターが、購入の役に立つことができれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です