ブログ

シューツリーはどう使う?シューツリーのメリットや正しい使い方は?

こんにちは、ファッションブロガーのけーすけです。

シューキーパーまたは、シューツリーという物をご存知でしょうか。

シューツリーと言うくらいなので、素材は木で出来ており、革靴の中に入れて靴を湿気から守ったり、型崩れを防ぐのに使います。

靴の手入れや保存には必要不可欠な道具の1つです。

そんなシューツリーの使い方やメリットをご紹介したいと思います。

シューツリーのメリット

シューツリーを使うことで得られるメリット

それではシューツリーを使うことのメリットを紹介したいと思います。

せっかく使うんだから何かメリットが欲しいですよね。

大丈夫です。

シューツリーを使うことで得られるメリットは結構あります。

湿気から靴を守ってくれる

靴は1日履いているとコップ1杯分の汗をかくと言われています。

そんな革靴を放っておくと、カビの原因になり、嫌なニオイの原因にもなります。

しかしシューツリーを使うことでそれらを防いでくれる効果があるんです。

シューツリーの素材は木なので、靴の中に入れていることで汗や湿気を吸い取ってくれる効果がります。

靴の型崩れを防ぐ

シューツリーを使わず長年革靴を履いていると必ず型崩れがおきます。

革靴は経年変化により、自分の足の形にフィットしてくるようになります。

それは良いことなのですが、歩いた時のソールの反り返りなどもそのまま形状を記憶してしますので、何もしないでいるとその形も残り靴が反り返った形になります。

それを防ぐのがシューツリーです。

靴の中から外側に圧をかけて革を伸ばしてあげる効果があります。

玄関に置いていてもカッコイイ

これが実は1番効果が高いかもしれません。笑

シューツリーのを革靴の中に入れているとなんとも言えない高級感があります。

木の感じとゴールドの金具の感じが玄関に置いていると凄くおしゃれでかっこいいです。

シューツリーの使い方

シューツリーの使い方はとても簡単です。

このように靴の中につま先の方から押し込む形で入れるだけです。

シューツリーは革靴に入れるだけ

シューツリーを入れた後は隙間ができないようつま先の方に押し込みます。

シューツリーをつま先の方に押し込む

かかとの方も隙間ができないように入れます。

かかとも隙間ができないように入れる

シューツリーを入れるタイミング

ただここで、一番意見が分かれるのが靴を脱いだ後すぐに入れるのがいいのか。

または、一晩時間を置いてから入れるのがいいのか。

この2つで意見が分かれることが多いです。

どうして意見が分かれるかというと、1番の理由は靴の湿気です。

靴を脱いだ後すぐにシューツリーを入れる方がいいという意見は、1日履いた後の靴の湿気を取るのにシューツリーを入れるといった意見です。

もう1つの一晩時間を置いてからシューツリーを入れる意見は、脱いだ後の靴を少し乾かしてから入れるといった意見です。

どうでしょうか。

どちらの意見が正しいと思いますか?

自分の見解としては、この2つの意見はどちらも正しく間違いではないと思っています。

この意見については決定的な要素が1つ抜けていて、それがシューツリーの素材です。

シューツリーの使い方とメリットまとめ

シューツリーのは絶対に役に立つ

いかがでしたでしょうか。

シューツリーは見た目がかっこいいだけではなく、ちゃんとした革靴を守る効果もあります。

シューツリーは大切な靴を持っている場合は間違いなく使った方が靴が長持ちします。

なのでまだ使ったことがない人でも、この機会にぜひシューツリーを使ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です