アイテム

おしゃれな靴下で脱初心者!靴下に遊びを入れてコーデにアクセント!

靴下でおしゃれになろう

こんにちは、けーすけです。

今日は靴下について書きたいと思います。

1日のコーデを決める時に靴下の重要度をどのくらい高いと考えていますか。

おそらく多くの人が一番重要視するのがアウターやトップスなどの上半身の服で、その次にパンツや靴を重要視すると思います。

そのため靴下の重要度はコーデの中ではかなり低く意識している人が多いんですね。

しかしおしゃれな人ほど靴下を重要視してコーデをしているんです。

今回はコーデの中で靴下がいかに重要かをご説明するのと、靴下がおしゃれだと一段階上のコーデが組めるようになるというのをご説明したいと思います。

 

 

靴下の使い方でおしゃれ初心者から卒業できる

おしゃれ上級者は靴下に気を使っている

おしゃれ上級者ほど靴下の使い方に気を使っています。

逆に服装に興味を持ち始めたばかりの人や、おしゃれに伸び悩んでいる人に共通して言えるのが靴下を重要だと考えていないということです。

なので靴下をうまく使えば、おしゃれ初心者から卒業することもでき一段階上のコーデを楽しむことができます。

 

おしゃれな人は靴下を差し色に上手く使っている

靴下を差し色に使う

差し色とは、例えば黒と白の2色のモノトーンコーデを仮にしているとします。

そこにワンポイント目を引くための色をプラスすることを言います。

写真を見ていただくとわかると思いますが、モノトーンのコーデに靴下に緑色の靴下を使っているのが特徴的になっているのがわかります。

こういったように靴下は見える範囲も小さいため、差し色を入れるのにはとても効果的な場所なんです。

それに黒と白のコーデなら何色でも取り入れやすいので、おしゃれに興味を持ち始めた初心者の方でも気軽に取り入れることができます。

靴下には色々な柄や色の靴下も出ていますから、コーデを靴下で遊んで自分の個性を出すこともできます。

 

差し色を靴下に取り入れることのメリット

脚長効果がある

差し色を靴下に入れることで『あるメリット』が生まれます。

それは足長効果です。

ポイントとなる色を足元に持ってくることで、人からの目線を足元に向けることができます。

そうすることで足が長く見えて、スタイルも良く見えるという効果が期待できるのです。

さらに足元のさりげないところにワンポイント入れているため、細かいところまで気を使えているといった好印象も持たれます。

 


スポンサーリンク

白や黒の靴下は差し色にならないからダメなのか?

白の靴下

足元に差し色を入れると説明しましたが、白い靴下や黒い靴下がダメな靴下というわけではありません。

白という色は清潔感が出る色なので、コーデに白を入れたいという時に写真のように靴下に白を入れてあげるのがいいです。

黒い靴下はパンツと靴が黒を使っている時に、黒い靴下を使えば足の境目をカモフラージュできるのでそれも足長効果があります。

それに白や黒の靴下は、5足で1000円といったようにお店によっては安くまとめて購入できるところもいいです。

 

おしゃれな靴下のまとめ

自分は黒と白のコーデが好きなので靴下で色をプラスするコーデが大好きです。

その日の気分によって色を選んで、出かけた時はそれだけで幸せな気持ちで出かけられます。

靴下は何足持っていても損はありません。

服や靴の色との相性もあるのでたくさん持っているとそれだけコーデの幅も広がります。

ぜひ色々な靴下にチャレンジして、一味違ったコーデを楽しみましょう。

自分がおすすめする靴下のショップを紹介したページのリンクも下に貼っているので良ければ読んでみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

知らなきゃ損!メンズの靴下はタビオの公式サイトから買うのがお得!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です